ギャッベは遊牧民の女性が織る草木染手織りです。

ギャッベはイランの砂漠周辺に住む遊牧民が織る草木染の絨毯です。大きく括るとペルシャ絨毯の仲間だと言えますが、ペルシャ絨毯が高級品の代名詞なのに対してギャッベは日常使いの庶民的な織物だということができます。これを織っている遊牧民であるカシュガイ族もテントの床に敷いて硬い床から体を守っているそうです。羊の毛の太いところや細いところをそのまま生かして織られているので、素朴な味わいが特徴の作品に仕上がったものが多いですね。一見暑そうに見えますが、羊毛自体が呼吸するため、夏は爽やかで冬は暖かいのがいいところです。カラフルでありながら優しい色合いは、草木や虫から採る天然染料の力によってもたらされたものです。使い込むほどに褪せては行きますが、それもまた味のある草木染手織りの特長と言えるでしょう。絨毯だけでなく玄関マットやラグ、クッションなども販売されています。織り手の思いが織り込まれるといわれるギャッベで部屋を飾りましょう。

自然と人の調和~草木染手織りのギャッベ~

ギャッベとは、ペルシャ語で目が粗くて毛足の長い絨毯を意味し、イラン・イスラム共和国の南西部に位置する遊牧民が手織りする絨毯を指します。ギャッベは、一緒に遊牧生活を送る羊の毛を草木染手織りしたものです。遊牧民の伝統文様や、ヤギや羊の文様を織り込んで作っていきます。ギャッベ(garbage)とはゴミのことで、従来、重くて目の粗いギャッベの価値は低いものでした。しかし近年、手作りならではの素朴さや不揃いさ、人間味あふれる草木染手織りが高く評価され、品質も向上しました。かつては5cmほどあった厚みが、細かく結ぶことでわずか1cmの厚みにできるようになりました。また、素材のウールは吸湿性や保温性に優れ、お手入れも簡単です。遊牧民のテント内での生活にも耐えれるほど耐久性にも優れているので、長く使用することができます。そして、二つとして同じデザインがないのも魅力のひとつです。

先日草木染手織りでできたギャッベを見つけました

久しぶりにショッピングに行ってきたのですが、いろいろ素敵なものをみつけて欲しくなってしまいました。一番いいなと思ったのはギャッベです。草木染手織りの絨毯なのですが、色合いがとても素敵で欲しくなってしまいました。今までこういったものがあるなんて知らなかったのですが、かなり感激しました。今までいいなと思う絨毯を見つけることができなかったのですが、これはいいなと思いました。色合いが本当にきれいで私好みです。ちょうど良いものがほしいなと思っていたので、購入したいなと思ってしまいました。といってもすぐに購入できる金額ではないので、何回か見に行ってチェックしてみたいなと思ってしまいます。これしかないと思うことができたら、きっと決断してしまうと思います。部屋に合うと思うので、購入できたらいいいかなと思っています。

ギャッベ(ギャベ)とはイランにシラーズ州を遊牧する部族が手織りする絨毯の事を言います。 当店が取り扱うギャッベ(ギャベ)は遊牧民が作る、自然で人間味溢れる素朴なつくりながら、糸や織りなど扱うにふさわしい、品質のものをご用意しております。ペルシャ絨毯市場の中で人気が高まりつつあるギャッベは、遊牧民が手織りした素朴であたたかい風合いの絨毯です。 ギャッベだったらペルシャンギャラリー青山本店。